-->
    暴力団は「暴力あるいは暴力的脅迫によって自己の私的な目的を達しようとする反社会的集団」日本を活動の中心地とし、その構成員は主に「組員、構成員、暴力団員」などと称され、
    映画などの影響などで日本国外においても「YAKUZA」ヤクザとして知られている。右翼団体・似非右翼や企業舎弟などを傘下に組織することもある。


    地道行雄

    地道 行雄 (1922年1月22日 - 1969年5月15日)三代目山口組舎弟(元若頭)地道組組長。
    神光工業取締役。


    33323232.jpg

    昭和21年4月に陸軍兵長として復員、暫くして神戸市福原で兄と自転車修理業を始めるが「戦勝国民」を自称する一部の外国人と喧嘩を繰り返す。これに当時闇市の自警団を組織していた山口組の目に停まり程なく地道は神戸市の山口組本部に出入りするようになる。

    翌昭和22年2月に地道は三代目山口組組長となった田岡一雄の若衆となる。昭和23年に競輪と競馬が再開されると半ば強引に神戸競輪場の仕事を獲得。これで対立した西海組をも捻じ伏せ武闘派幹部として頭角を現す。


    昭和35年8月9日、明友会事件が勃発した。
    同年9月、鳥取県米子市の山陰柳川組・柳川甲録組長と小塚組・小塚斉組長を舎弟とした。

    同年12月13日、山口組事始めの席で柳川次郎と石井一郎の直系昇格が決定し「御事始」終了後に山口組本部事務所で結縁の盃事が執り行われた。取持ち人は倭奈良組舎弟の水谷奈良太郎だった。田岡一雄は柳川次郎と石井一郎を直参とした。

    昭和36年、山陰柳川組が鳥取県鳥取市に進出した。鳥取市の菅原組・松山芳太郎組長は田岡一雄に対抗するために本多会若頭・平田勝市から盃を貰い菅原組を平田会鳥取支部と改称した。

    同年10月4日、山陰柳川組組員3人が山陰本線鳥取発米子行きの夜行列車内で松山芳太郎を日本刀で刺殺した。田岡一雄は地道行雄の推薦を受け、柳川甲録と小塚斉を若衆とした。その後、柳川甲録と小塚斉を山口県から京都府までの日本海側の地区の責任者に任命した。

    昭和37年1月16日、夜桜銀次事件が勃発した。
    51Ld4os9X6L.jpg
    映画化された夜桜銀次事件


    昭和37年1月、柳川組は京都に進出した。しかし中島会・図越利一会長(後の三代目会津小鉄会会長)は武力で柳川組に対抗すると同時に本多会・本多仁介会長を通じて山口組に働きかけてきた。これにより柳川組は京都進出を中止した。 同年8月、田岡一雄は広島の打越会・打越信夫会長を舎弟とした。これにより山口組は第二次広島抗争に介入することになった。

    3293293.png
    打越信夫


    同年12月14日、岐阜抗争が勃発した。

    昭和38年、国鉄三宮駅前に地下街「さんちかタウン」が建設されることが決まった。山本健一がさんちかタウンの工事の用心棒を請け負うことになった。まもなく山本健一が逮捕され収監された。吉川勇次と地道行雄が山口組直轄でさんちかタウンの用心棒を行うようにした。地道行雄は田岡一雄の舎弟・岡精義を通じてさんちかタウンの建設を請け負った建設会社から用心棒代を出させた。

    昭和38年1月15日、地道行雄は岡山県児島市の初代熊本組・熊本親組長に舎弟盃を与え地道行雄の舎弟とした。
    同年3月、警察庁は神戸・山口組、神戸・本多会、大阪・柳川組、熱海・錦政会、東京・松葉会の5団体を広域暴力団と指定し、25都道府県に実態の把握を命じた。

    昭和38年3月13日午後10時30分ごろ、大垣市高島町のバー「夕暮」で柳川組西原組組員と本多会系河合組組員と喧嘩になった。
    同年3月14日午前0時30分、河合組組員と河合組の友誼団体木原組組員17人が西原組組員10人の宿泊先だった大垣市高橋町の旅館「みその」を襲撃した。1人が死亡した。本多会若頭平田勝市は自身の平田会を率いて大垣市に入った。山口組は地道行雄を大垣市に派遣した。山口組は本多会を破ったが岐阜は地道組の直轄となった。
    同年5月、北九州市若松区の梶原組、安藤組を傘下に収めた。
    同年6月、熊本市の西川組・西川敏郎組長と佐世保市の谷山組・谷山政男組長を舎弟とした。
    同年7月、北九州の長畠組を傘下に収めた。

    その後、梶原国弘は地道行雄を通して田岡一雄に北九州市での力道山のプロレス興行実施を依頼した。日本プロレス協会副会長だった田岡一雄はすぐに了承した。これを知った工藤組草野組草野高明組長は梶原国弘に対抗して北九州市で北原謙二の公演を開催することを決めた。これを切っ掛けに紫川事件が勃発した。

    同年8月、田岡一雄は協議機関「七人衆」を設置した。
    地道行雄、松本一美、藤村唯夫、松本国松<安原武夫、岡精義、三木好美が七人衆になった。

    272772.jpg

    同年12月13日[、田岡一雄は山口組「御事始」の席で若頭補佐を新設した。
    吉川勇次、山本健一、菅谷政雄、梶原清晴が若頭補佐に任命された。

    昭和39年1月「暴力取締対策要綱」が作られた。

    同年2月、警察庁は「組織暴力犯罪取締本部」を設置し「第一次頂上作戦」を開始した。

    同年3月26日、警察庁は改めて広域10大暴力団を指定した。
    10大暴力団は神戸・山口組、神戸・本多会、大阪・柳川組、熱海・錦政会、東京・松葉会、東京・住吉会、東京・日本国粋会、東京・東声会、川崎・日本義人党、東京・北星会だった。
    同年3月、地道行雄は名古屋市の「春日荘別館」で、日本国粋会・森田政治会長と五分の兄弟盃を交わした。

    同年6月7日、第1次松山抗争が勃発した。地道行雄は矢嶋長次の義父である森川組・森川鹿次組長に「矢嶋長次が戻って来るまで今治に直系組長3人を常駐させ留守を預からせたい。弁護士費用や差し入れ代も全て山口組が負担する」と提案した。森川鹿次はこの提案を丁重に断った。結局、矢嶋長次不在の間は森川鹿次が今治市を守っていくことになった。

    8438438.jpg
    谷川康太郎


    同年7月10日、福岡市旧柳町の料亭「新三浦」で地道行雄と谷川康太郎の兄弟盃が行われた。谷川康太郎は地道行雄の舎弟となった。 同年、山口組に対する第一次頂上作戦が開始された。これにより地道は警察に逮捕された。

    田岡一雄邸の2階大広間で山口組直系組長70人弱が集まり、山口組直系組長会が開かれた。山口組直系組長会では、山口組解散について議論された。地道行雄は山口組解散を主張した。中山美一が地道に「山口組の解散は田岡一雄の了承を得ているのか」と訪ねた。地道は「自分の独断だが田岡から承認を受ける自信はある」と答えた。採決では、50人が山口組解散に賛成し、菅谷政雄、山本健一、小西音松、竹中正久、細田利明、中山美一、江口実ら20人弱が、解散に反対した。しかし解散反対派が田岡の意向を聞くように食い下がり、山口組直系組長会では結論が出なかった。関西労災病院で織田組・織田譲二組長が入院中の田岡一雄に山口組解散の意思を確認した。田岡一雄は、山口組解散を否定した。
    関西労災病院で山本健一、田岡一雄に、地道暗殺を謀議したことを告白した。田岡は竹中正久と細田利明を関西労災病院に呼び地道暗殺を止めさせた。

    昭和43年2月7日、田岡一雄は地道行雄を若頭から解任。後任の若頭に梶原清晴を据えた。
    若頭補佐には山本健一、山本広、中山美一、白神英雄、小田秀臣、小田芳一が任命された。

    昭和44年4月27日、地道行雄が自宅で吐血した。地道行雄の妻は110番通報でパトカーを地道邸に呼んだ。地道行雄はパトカーで病院に搬送されたが、5つの病院が診療を拒否した。地道行雄の妻は田岡一雄の妻・フミ子に電話をし「関西労災病院に地道を受け入れてくれるようにして欲しい」と頼んだ。地道行雄は関西労災病院に入院した。地道行雄は末期肺癌だった。5月15日に地道行雄は関西労災病院で死亡した。享年47。

    455455.jpg
    佐々木道雄

    地道行雄の死後、地道組に2代目は立てられず名跡は絶たれたが地道組若頭の佐々木組・佐々木道雄組長が三代目山口組の直参に昇格した。佐々木道雄は後に一和会に合流、幹事長に就任している。

    [エピソード]
    山口組の斬り込み隊長と渾名されるほど数々の抗争事件や組織拡大では先頭に立って活躍した。昭和32年の小松島抗争では未遂に終わったものの、即座に組員に動員をかけて示威行動に訴えることで相手側を圧倒する手法は以後の夜桜銀次事件などでも行われた。
    また、これはと見込んだ人物を山口組入りさせて存分に活躍させることで組織拡大を目指した。キタの露天を根城にしていた柳川組・柳川次郎を中川組・中川猪三郎を通じて舎弟入りさせ柳川が他の組とトラブルを起こすまでに拡大した際には地道自ら柳川組を他府県に進出させることを進言。このことによって山口組の全国的な進出に弾みがついた。また姫路でヤクザをも恐れさせるくらいだった竹中正久も宇野組・宇野加次組長からの推薦を受けて田岡一雄に推挙。紆余曲折を経て山口組入りさせている。

    しかしながら独断専行とも言える行動には時に組内部からの反感を招くこともあった。広島抗争では先に安原政雄と兄弟盃を交わしていた打越信夫に後から地道が兄弟盃を交わしたため安原の反発を買っている。また菅谷政雄とも北九州市での興行をめぐって対立を引き起こし紫川事件の一因を作っている。こうした地道の独断専行により、第一次頂上作戦では田岡に無断で組解散に動くことになる。これには若頭補佐だった山本健一の反感を買い、山本と竹中が地道暗殺を企てるにまで至る。山本らの暗殺計画は結局田岡に諭されて取り止めになるものの、結果的に地道は田岡から若頭を罷免される。更に地道の死後、組の名跡を断絶させられるなど厳重な処分が行われた。

    07224734_main_l.jpg


    関連記事

    ブログパーツ

    コメント

    非公開コメント

    アクセスランキング

    最新記事

    カテゴリメニュー

    • 暴力団ニュース(1285)
    • 気になったニュース(152)
    • 2ch 暴力団ニュース(368)
    • 2ch 気になったニュース(431)
    • 2ch ヤクザ(270)
    • 2ch アウトロー(127)
    • 暴力団組織図(39)
    • 伝説の極道(22)
    • 実録ヤクザ映画(11)
    • ヤクザ辞典wiki(31)
    • 今日のニュース(356)
    • SECRET TALK(95)
    • 未分類(0)

    ライブ中継

    検索フォーム

    サイトマップ

    全タイトルを表示

    月別アーカイブ

    カレンダー

    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    プロフィール

    \

    ミュー

    Author:ミュー
    当ブログは管理人がwebを巡回して収集した情報で構成されています。著作権等の問題がありましたら該当記事よりコメントをお願いします。確認の上、迅速に対処いたします。


    当サイトはリンクフリーです。
    相互リンク・相互RSSは随時募集しています。


    記事等の転載はご自由に行ってください。


    当ブログで掲載してる画像はyahoo画像検索から収集したモノです。


    Wikipedia から転載した内容の著作権は Wikipedia のライセンスに従います。

    フリーエリア

    • SEOブログパーツ
    フィードメーター

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    いいね !

    出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

    QR

    QR
    track feed 実録ヤクザ黙示録 | 暴力団ニュース