-->
    暴力団は「暴力あるいは暴力的脅迫によって自己の私的な目的を達しようとする反社会的集団」日本を活動の中心地とし、その構成員は主に「組員、構成員、暴力団員」などと称され、
    映画などの影響などで日本国外においても「YAKUZA」ヤクザとして知られている。右翼団体・似非右翼や企業舎弟などを傘下に組織することもある。


    【神戸山口組vs任侠山口組】【開戦、五番町事変】


    9月12日の代表襲撃事件について、マスコミを通じて、間違った情報が拡散されている。特にテレビニュース・ワイドショー等でも
    1、まず二人が車の横で口論となった
    2、撃ってみんかいと楠本が挑発した
    3、だから撃たれて亡くなった
    というような論調で各局が放送しているが、あり得ない内容である。楠本勇浩の名誉の為、現場での事実をありのままに報告する。末端組員に至るまで伝達するように!

    まず、クラウンが前方斜めから、代表が乗るアルファードに体当たり、クラウンは斜めに止まる。
    添付した写真で分かるように、クラウンの両サイドには腰までの高さの車止めが、代表のアルファードから見て、右に二本・左に一本ある。
    遠目で見ると、左右共スペースがあるように見えるが、実際は車止めでクラウンの横をすり抜けれない。
    アルファードはバックするしかない。しかし、代表のアルファードは事件当日だけではなく、常に先頭車両であり、常に二台の護衛車が後方にある。
    とっさにバックしようにも二台が邪魔をして動けない。
    体当たりと同時に黒木は運転席ドアから飛び出し、クラウンの後ろを回って助手席側の車止めポールを利用して、その場で両足を広げ、腰を落とし、両手でしっかり拳銃を握り、照準を合わせフロントガラス越しにアルファード運転席に向けて引き金を引く寸前だった。(この時、二人が口論とは笑止千万である。)
    車止めで前にも行けず、黒のプリウスで後ろにも行けず、危機一髪のところに楠本が丸腰のまま黒木に体当たり、まさに一秒・二秒の勝負であり、二人が格闘となり、楠本が黒木を中央分離帯手前まで押し込み、代表の車から引き離し、一旦は馬乗りの体勢まで持ち込む。
    予想外の楠本の行動に焦った黒木が下から二度発砲。一発がクラウンのボディーをかすめ、もう一発が団地の外壁に当たる。
    その時、怒声をあげながら三台目のエスティマの後部座席から飛び出し駆けつけた前田警護副隊長(当日の責任者)が、エスティマがバックして道を空けた所を確認した上で、二台目プリウスの運転手に車を退けろと指示を出し、さらに楠本に向かって『楠本もうええ!車乗れ!戻れ!』と、指示。
    その時、楠本は一旦黒木から離れ、指示通り何歩か車に戻りかけたが、後ろを向いた時にアルファードがまだ動けてない状況が目に入った。

    9098989009090900-^--

    76987778789879887998.jpg

    798988775544466.jpg

    897907009909---0.jpg

    8789889000099----.jpg

    8970098099--00000.jpg

    9889009---00000.jpg

    0908--0-000999.jpg

    7998807708777000088.png


    本来、代表が乗るフロントガラスに向けての発砲を阻止した上、更に黒木を約10m代表のアルファードから引き離し、警護隊としての任務は100%成し遂げた。
    その上、現場責任者前田副隊長から『もうええ!車に戻れ!』という指示まで受けた。普通なら、その場からプリウスに向かって離れても何等問題は無かった。
    ところが、黒木から数歩離れながら、アルファードを確認した時にまだアルファードが動けてなかった。
    そこで、まさに鳥肌の立つ思いだが、楠本は責任者の指示が出たにも関わらず、とっさに独自の判断で時間稼ぎをするという行動にうって出る。
    だからこそ、【口論の末に挑発】したから弾かれたのではなく、あえてアルファードをその場から逃がす【時間を稼ぐ為】に、手を広げ、『こっちや!撃ってみんかい!』と、アルファードのフロントガラスに照準を合わせ、腰を落とし今にも弾こうとしていた黒木に、自分を的に黒木の気を引き付ける為、大声で叫んだのである。
    残念なのは、たまたまその一発が致命傷となり、膝から崩れ、ゆっくりと仰向けになる様に後方に倒れた。その為、車道に立っていたが、体半分以上が歩道に掛かる様になった。
    黒木は暫く腰を落とし、発射した姿勢のままで呆然としていたが、数秒後、我に返った時、アルファードは楠本のお陰で約20m程後方に走行しながら離れていた。
    それを見て計画の大失敗を悟り、慌てて、ヘ ルメットも置き去りにし、西方向へ歩道の上を走って逃げた。
    代表は前田副隊長を現場に残し、直ぐに救急車の手配を指示したが、前田副隊長いわく『あきません。もう動きません。』と、知らされた。即死状態だった。
    それでも前田副隊長は、代表の指示通りその場を離れず、救急車が到着して担ぎ込まれて立ち去るのを確認した上で、兵庫県警の事情聴取に応じる為、長田署へ同行。
    救急車の中では、既に心肺停止の状態だった。



    因みに緑の服を着た男だが階段を駆け下り勢い良く現場に飛び出したまでは良かったが、その際、ちょうど右側の壁と左側の二台の車との間、約1、5mのスペースの延長線上に、本来代表が乗るアルファードのフロントガラスに数発発砲し、アルファードを完全に動けない状態にしているはずの黒木が、アルファードから約10m先の中央分離帯付近で、逆に楠本に馬乗りになって押さえ込まれている場面がまともに視界に入り、その上、その場で動けないはずのアルファードとプリウスが、ギアをバックに入れ、まさに動こうとしている、さらに偶然ではあるが怒声をあげて猛突進する前田副隊長の姿までもが視界(左側)に入った。
    緑の男からすれば、小型自動小銃(恐らくウージー)を持って、勢い 良く現場に出たものの、視界に飛び込んだその全てが想定外。
    一瞬にして頭が真っ白になったのであろう。自動小銃を代表が乗る車に乱射出来ずに、慌てて黒木を見捨てて逃げたのだ。
    後方の【第三班】黒のフルフェイスに黒の上下の男も慌てて走って逃げる。
    発射せずに逃げた事によって、代表は勿論の事、通行する一般市民(直ぐ傍に保育所が有る)に被害が及ぶ事なく、白昼の大惨事という事なきを得た。
    まさに、楠本の想像を絶する行動が、神戸市民の大惨事を未然に防いだのである。
    楠本こそ【真の任侠】である。
    以上

    任侠山口組直参(警護隊)・楠本勇浩の冥福を心から祈る。


    11:

    楠本はんは英雄やな
    任侠の中の任侠や
    それに比べてチビ川やミドリマンは情けない
    クニオの器量がないからや!


    12:

    今時足並み揃えられない身内抱えてるのはリスクしかないよ
    何かあれば上をしょっぴいて隔離したいんだから警察も検察も


    14:

    楠本さんは任侠というより漢ですね


    18:

    最低3人のヒットマンがいたのが
    今頃どうなっていることやら
    最低やな


    24:

    ヒットマンが生きてると都合が悪いの?


    26:

    >>24
    殺人の共犯でぱくられるからな


    28:

    地方の3次4次団体には今回の件は全く関係ない話だよね? 地元では今まで通り仲良くやってるよ


    32:

    【「死人に口なし」ヒットマンは消されたのか】PART1

    12日、任侠山口組の警護役・楠本勇浩組員が山健組系一勢会・菱川龍己容疑者に射殺された事件で、兵庫県警は16日、菱川容疑者を殺人容疑で指名手配し、顔写真を公開した。
     だが、殺害現場となった神戸市長田区五番町付近では、兵庫県警が殺害実行者や補助要員を逮捕できるのか、早くも危ぶむ声が出ている。
     神戸の暴力団事情に詳しい地元の団体職員が言う。
    「証拠隠滅に何が一番かといえば、死人に口なしです。容疑の実行犯を殺せば懸案事項はすべて解決する。
    現場に居合わせた者の口封じさえできれば、いくら組織犯罪処罰法で山健組のトップを『組織的殺人』容疑でパクろうにも、まるで関係なくなる。トップは完全に逃げ切れるんです」
     菱川容疑者ばかりか、現場の防犯カメラにばっちり写った、自動小銃を持ち、うろついていた緑色の服の男。この2人はすでに沈められたのではないかと疑われている。


    33:

    【「死人に口なし」ヒットマンは消されたのか】PART2

    というのも、井上邦雄組長が率いる現在の山健組には、口封じ殺人の前科があるからだ。
     2007年5月、神戸市中央区の路上で山健組の多三郎一家・後藤一男総長が刃物で胸などを刺され、殺された。
    兵庫県警は3年後、組織犯罪処罰法違反容疑(組織的殺人)で山健組の若頭で健國会会長の山本國春を逮捕し、最終的に山本には懲役20年の刑が確定した。
     多三郎一家・後藤総長は山健組にとっては敵地といっていい名古屋で勢威を張る仲間だった。
    だが後藤総長は人前で平気で弘道会批判をするなど、山口組執行部で井上邦雄組長の立場を悪くしかねなかったため、十数人の山健組組員を動員して後藤総長を殺した。
     しかもこの事件の5カ月後には上野・御徒町で多三郎一家の元相談役が多三郎一家の後継組織の幹部らに射殺される事件が発生、
    その他、名古屋でも多三郎一家関係者の銃による遺体が車内で発見されるなど、変死事件が相次いだ。
    山健組は開放的なイメージとはちがって、過去、いくつか陰惨な事件を重ねている。
    首脳部の安泰のため、平気で仲間をぶつけて仲間を殺し、口封じするのか。
     任侠山口組襲撃は乾坤一擲、大勝負に出たわけだが、計画に失敗した以上は、襲撃の命令系統など、自派のヒットマンを消してでも秘匿しなければならない。
     仲間のために働いたつもりのヒットマンが哀れ仲間のために殺される。だとすれば、まことにヒットマン無情である。


    41:

    ミドリマンも沈められたよ多分


    47:

    >>41
    浮ばれませんね


    59:

    身内殺しなんて若い衆にさせたらあかんでほんま


    81:

    神戸の上が皆引退すれば済む話やのにな


    83:

    山健組の代替わりが出来ませんね


    117:

    神戸山口組本部「差し止めを」 住民委託で代理訴訟へ

    2017年10月2日14時22分
     指定暴力団神戸山口組の本部事務所(兵庫県淡路市)が付近住民の生活を脅かしているとして、公益財団法人「暴力団追放兵庫県民センター」が2日、事務所の使用差し止めを求める仮処分を神戸地裁に申し立てた。
    住民の委託に基づく代理訴訟で、指定暴力団の本部を対象にしたのは全国初。暴力団の抗争や内紛が各地で続く中、司法の判断が注目される。

     代理訴訟は2013年に施行された改正暴力団対策法で認められた制度。国家公安委員会から「適格団体」の認定を受けた各都道府県の暴追センターが、原告として住民の法的手続きを代行する。
    組員らの報復を恐れ、訴訟に踏み切ることができない住民らを後押しするのが狙いだ。
    暴力団追放兵庫県民センターによると、これまでに広島や埼玉、福岡などで提訴や仮処分の申請が6例あり、暴力団が退去するなど多くで効果を上げているが、いずれも指定暴力団の傘下団体の事務所が対象だった。

     今回、対象とする淡路市志筑(しづき)の事務所は、15年8月に指定暴力団山口組(本部・神戸市灘区)が分裂した後、神戸山口組の本部とされた。
    直系組長らが集まる月1回の「定例会」などが開かれ、住民が平穏に生活する権利が脅かされていると訴える。仮処分が認められれば事務所への組員の立ち入りなどが禁じられる。
    兵庫県警幹部は「全国に組織を持つ指定暴力団が拠点を失えば、活動への強い締め付けになる」と話す。
    ttp://www.asahi.com/articles/ASKB21CPHKB1PTIL017.html
    ttp://www.asahicom.jp/articles/images/AS20171002001384_comm.jpg


    170:

    >>117
    なんだか反応ないけど
    これ、神山は痛いぞ
    花隈までいくかもしれんよ
    今の神山なら瓦解のひとつになるかもよ


    175:

    >>170
    住宅街で鉄板バッグ掲げて出入りしてりゃそりゃ住人は迷惑だわ
    越してこられたら嫌すぎる


    174:

    >>117
    ど田舎に防弾カバンなんて滑稽でしかない


    129:

    溝口の話やとミドリマンのウージーは発射されんかったらしいな
    菱川が止めて、防弾やないフロントガラスをウージーでやる予定やったと
    クニオは常々ウージーあるいうて自慢してたからな
    ゲームオーバーやな


    130:

    本当かな?もしウージーだとしたら沖縄抗争以来のことでもっと騒ぎになってるはずだが


    132:

    わからんな
    溝口、鈴木の対談の記事見ただけやから
    弾詰まって逃げたんやと
    失敗したから殺されてるんやないかと


    143:

    あの記者会見が原因だって言ってるマスコミは結構見るぞ
    溝口は絶対言わないだろうけどw


    149:

    クニオ自慢のウージー、発射せず


    151:

    発射する勇気が無かったのが事実


    153:

    ウージー使って人数殺したら神戸は終わりやろ


    158:

    今頃菱川とミドリマンも逃げ回っとるんちゃうか



    関連記事

    ブログパーツ

    コメント

    非公開コメント

    アクセスランキング

    最新記事

    カテゴリメニュー

    • 暴力団ニュース(1286)
    • 気になったニュース(152)
    • 2ch 暴力団ニュース(354)
    • 2ch 気になったニュース(427)
    • 2ch ヤクザ(267)
    • 2ch アウトロー(127)
    • 暴力団組織図(39)
    • 伝説の極道(22)
    • 実録ヤクザ映画(11)
    • ヤクザ辞典wiki(31)
    • 今日のニュース(354)
    • SECRET TALK(95)
    • 未分類(0)

    ライブ中継

    検索フォーム

    サイトマップ

    全タイトルを表示

    月別アーカイブ

    カレンダー

    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    プロフィール

    \

    ミュー

    Author:ミュー
    当ブログは管理人がwebを巡回して収集した情報で構成されています。著作権等の問題がありましたら該当記事よりコメントをお願いします。確認の上、迅速に対処いたします。


    当サイトはリンクフリーです。
    相互リンク・相互RSSは随時募集しています。


    記事等の転載はご自由に行ってください。


    当ブログで掲載してる画像はyahoo画像検索から収集したモノです。


    Wikipedia から転載した内容の著作権は Wikipedia のライセンスに従います。

    フリーエリア

    • SEOブログパーツ
    フィードメーター

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    いいね !

    出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

    QR

    QR
    track feed 実録ヤクザ黙示録 | 暴力団ニュース