-->
    暴力団は「暴力あるいは暴力的脅迫によって自己の私的な目的を達しようとする反社会的集団」日本を活動の中心地とし、その構成員は主に「組員、構成員、暴力団員」などと称され、
    映画などの影響などで日本国外においても「YAKUZA」ヤクザとして知られている。右翼団体・似非右翼や企業舎弟などを傘下に組織することもある。


    続きを読む

    関連記事

    【神戸】山口組で「ハッピーハロウィーン」 組員が菓子配る


    指定暴力団山口組の組員が31日夕、ハロウィーンに合わせて神戸市灘区篠原本町4の総本部前で子どもたちに菓子を配った。対立する指定暴力団神戸山口組(淡路市)に対してはこの日、地元住民が求めていた本拠地事務所の使用を禁止する仮処分が決定するなど、暴力団排除の機運が高まる中、住民の懐柔を図ったとみられる。

    捜査関係者らによると、菓子の配布は同日午後4時10分ごろから始まり、組員らが総本部の入り口前で、スナック菓子の入った袋や本部内で作った綿菓子を手渡した。入り口付近はカボチャやおばけのバルーン、紫とオレンジのイルミネーションで飾られ、組員らは「ハッピーハロウィーン」「お菓子もらって、写真を撮ってね」などと声を掛けていた。

    山口組は毎年、ハロウィーンに合わせて菓子を配布している。神戸山口組との分裂騒動があった2015年は中止したが、昨年は総本部近くの神社で再開。今年も、兵庫県警の捜査員が周辺でトラブル警戒に当たった。

    98090889-0009090.jpg

    続きを読む

    関連記事

    【東京】パチンコの景品交換所で強盗傷害、暴力団組員ら2人逮捕 「黙して語らずですよ」と黙秘


    去年、東京・大田区のパチンコ店の景品交換所で、店員がバールで殴られ現金を奪われそうになった事件で、暴力団組員の男ら2人が逮捕された。

    警視庁によると、指定暴力団稲川会系組員の伊藤洋太容疑者と無職の津坂龍容疑者は去年2月、大田区のパチンコ店の景品交換所で、男性店員をバールで殴り、全治1か月のケガをさせ、現金を奪おうとした疑いが持たれている。

    当時、景品交換所には現金約900万円が入ったケースがあったが、ケースを現場に残して逃走していて、金銭的な被害はなかった。

    調べに対し伊藤容疑者は、「黙して語らずですよ」と黙秘し、津坂容疑者は容疑を認めているという。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13821096/
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171030/k10011204051000.html


    0-0-000909900900.jpg

    続きを読む

    関連記事

    【暴力団】組員の身分隠しホテル宿泊、詐欺容疑で任侠系組員逮捕 兵庫県警


    暴力団組員であることを隠してホテルに宿泊したとして、兵庫県警生田署は30日、詐欺の疑いで、暴力団組員の小嶋大享(ひろゆき)容疑者(49)=神戸市長田区久保町=を逮捕した。容疑を否認している。

    逮捕容疑は、8月21日、組員であることを隠して神戸市内のホテルに宿泊したとしている。

    同署によると、ホテル側は事前に、暴力団組員の宿泊は断ると書面で告げていた。小嶋容疑者は指定暴力団神戸山口組から離脱した暴力団組織「任侠山口組」系の組員という。

    http://www.sankei.com/west/news/171030/wst1710300077-n1.html


    0-0-9099009-0-0.jpg

    続きを読む

    関連記事

    【山口組分裂騒動】本部事務所を閉鎖か、神戸山口組 住民代理訴訟受け


    神戸地裁に使用禁止の仮処分が申し立てられている兵庫県淡路市の指定暴力団神戸山口組の本部事務所について、組側が閉鎖したとみられることが29日、捜査関係者らへの取材で分かった。同事務所では直系組長が集まる重要な会合が繰り返されており、警察当局は本部の移転先などについて情報収集を進めている。

    同事務所は山口組直系組織「侠友(きょうゆう)会」の本部として使用されていたが、平成27年8月末の山口組分裂で侠友会が神戸山口組の傘下に移って以降、約2年間にわたり神戸山口組の本部が置かれていた。

    全国の直系組長らが集まる「定例会」が毎月1回のペースで開かれており、地元住民の平穏な生活を脅かしているとして、公益財団法人「暴力団追放兵庫県民センター」は今月2日、住民に代わり、同事務所の使用禁止を求める仮処分を神戸地裁に申し立てていた。指定暴力団の本部を対象とする使用差し止めの代理訴訟は全国初だった。

    捜査関係者によると、神戸山口組は今月下旬、同事務所を同25日付で閉鎖したと関係組織に書面で通達。末尾には侠友会会長で神戸山口組ナンバー2に当たる若頭の名前が記されていた。

    地裁は近く使用継続の可否を判断するとみられており、捜査関係者は「面倒を避けるため、先手を打って閉鎖したのではないか」との見方を示している。

    今後は神戸市中央区の拠点事務所や、別の傘下組織の事務所に本部が移転し定例会が開かれる可能性があり、警察当局が確認を急いでいる。

    暴力団事務所の使用禁止を求める仮処分申請は全国で相次いでいる。きっかけの一つは、平成25年の改正暴力団対策法で定められた代理訴訟制度だ。暴力団の報復を恐れて訴訟に踏み切れない住民に代わり、国家公安委員会に「適格団体」と認定された暴追センターなどが司法手続きを進められるようになった。

    代理訴訟制度を利用した仮処分は、今回を含め全国の地裁に計7件の申請が行われた。昨年1月に福岡市の山口組系事務所に火炎瓶が投げ込まれた事件では、同8月に暴追センターがこの事務所の使用禁止の仮処分を福岡地裁に申し立て、翌9月に全国で初めて認められた。ほかの5件でも、仮処分決定や訴訟での和解成立などにより暴力団事務所の退去が決まっている。

    暴追センターなどの適格団体が、住民に代わって指定暴力団の本部事務所の使用禁止を求めたのは今回が初めてという。ただ、自治体が主体となって仮処分を申請したケースは、すでに前例がある。京都市下京区の指定暴力団会津小鉄会の本部事務所で今年1月、内部分裂による乱闘騒ぎに発展。住民に危険が及ぶことを懸念した京都市が翌2月、本部事務所の使用禁止の仮処分を申請し、京都地裁が4月に認める決定を出した。
    http://www.sankei.com/smp/west/news/171030/wst1710300009-s1.html

    9009809890-0000909.jpg

    続きを読む

    関連記事

    ブログパーツ

    アクセスランキング

    最新記事

    カテゴリメニュー

    • 暴力団ニュース(1285)
    • 気になったニュース(152)
    • 2ch 暴力団ニュース(368)
    • 2ch 気になったニュース(431)
    • 2ch ヤクザ(270)
    • 2ch アウトロー(127)
    • 暴力団組織図(39)
    • 伝説の極道(22)
    • 実録ヤクザ映画(11)
    • ヤクザ辞典wiki(31)
    • 今日のニュース(356)
    • SECRET TALK(95)
    • 未分類(0)

    ライブ中継

    検索フォーム

    サイトマップ

    全タイトルを表示

    月別アーカイブ

    カレンダー

    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    プロフィール

    \

    ミュー

    Author:ミュー
    当ブログは管理人がwebを巡回して収集した情報で構成されています。著作権等の問題がありましたら該当記事よりコメントをお願いします。確認の上、迅速に対処いたします。


    当サイトはリンクフリーです。
    相互リンク・相互RSSは随時募集しています。


    記事等の転載はご自由に行ってください。


    当ブログで掲載してる画像はyahoo画像検索から収集したモノです。


    Wikipedia から転載した内容の著作権は Wikipedia のライセンスに従います。

    フリーエリア

    • SEOブログパーツ
    フィードメーター

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    いいね !

    出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

    QR

    QR
    track feed 実録ヤクザ黙示録 | 暴力団ニュース