-->
    暴力団は「暴力あるいは暴力的脅迫によって自己の私的な目的を達しようとする反社会的集団」日本を活動の中心地とし、その構成員は主に「組員、構成員、暴力団員」などと称され、
    映画などの影響などで日本国外においても「YAKUZA」ヤクザとして知られている。右翼団体・似非右翼や企業舎弟などを傘下に組織することもある。


    【9人遺体発見】座間市の遺体遺棄事件 アパートは3年前に「大島てる」に掲載されていた、心理的瑕疵物件であったかとが判明


    座間事件のアパート 3年前に「大島てる」掲載済みの驚愕

    神奈川県座間市のアパートから9人の遺体が発見され、27歳の男が逮捕された事件。その猟奇性も衝撃的だが、ネットで話題となっているのが、その事件現場のアパートだ。

    遺体が発見されたのは、小田急線の相武台前駅から約500メートル離れた築29年の2階建て木造アパート。報道によると、容疑者が住んでいた2階の一室の家賃は2万円ほどで、Twitterでは、“座間の事件の場所家賃1.9万って安すぎやろ。。。” “座間の事件のワンルーム家賃19000円とか信じられん”などと、その安さに衝撃を受けたという意見が多く寄せられた。

    このような事件の現場となった物件は「事故物件」などと呼ばれるが、事故物件の情報を集めて公開しているサイト「大島てる」では、“事件公になる前から隣の部屋に居住中妙な異臭が隣の部屋から漂う気配を感じましたところ、しばらくして外部の動きを感じた処警察関係者多く来ておりテレビ報道を見て大変驚いています”とのコメントとともに、今回の事件現場となったアパートが掲載されている。しかし、同アパートが大島てるに掲載されたのはこれが初めてではない。3年以上前の2014年6月24日に、同アパート1階について“心理的瑕疵あり”とのコメントですでに掲載されていたのだ。

    「心理的瑕疵あり」とは、過去に事件や事故の現場になったり、周辺に墓地や暴力団事務所があったりといった、何らかの心理的抵抗を感じやすい条件があることを指す不動産用語。Twitterでは“座間のあの物件、えらい家賃安いと思ったら・・・元々大島てる物件だったんかー。こわっ! しかし、大家さんも大変やなぁ。”“座間市の事件、大島てる物件だったの超怖いんですけど……”と、事件現場はもともと事故物件だった可能性があるということで、えも言われぬ恐怖を抱くネットユーザーも多いのだ。

    犯行内容はもちろんだが、現場となったアパートも含めて、その不気味さが際立つ今回の事件。真相が解明されるまで、まだまだ注目の的となりそうだ。

    ■関連リンク
    ・大島てる CAVEAT EMPTOR: 事故物件公示サイト
    https://www.oshimaland.co.jp/

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13843730/


    76988000990----^^^^

    続きを読む

    【薬物】沖縄で覚醒剤まん延の恐れ 「一般人」増加、摘発数は最多ペース


    沖縄県警が今年摘発した覚醒剤などの違法薬物の摘発件数が9月末で157件に上り、過去最多だった昨年175件の同期比で20件増え、ワーストを更新するペースで増加している。10月30日までに県警暴力団対策課のまとめで分かった。覚醒剤の摘発が91件(前年同期比で37件増)と最多で、県警は「末端で一般市民の乱用者が増加している」とし、警戒を強めている。

    157人摘発、9割は一般人

    同課によると、今年9月末現在で摘発した157人中、暴力団は19人、一般人が138人と全体の約9割を占める。種類別では覚醒剤が37件と増加する一方で、「大麻」(前年同期比6件減)、「麻薬等」(同1件減)、「指定薬物」(同10件減)の3種がそれぞれ減少しているのが特徴。

    捜査関係者は県内に覚醒剤が流通し、一般の市民にまん延している可能性があると懸念。「供給源とみられる暴力団や密売組織の実態解明を進めるとともに、組織解体に向けてさらに取り締まりの強化が課題となっている」としている。

    ことし6月、台湾から密輸した覚醒剤を営利目的で所持したとして、県内在住の5人が県警に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕され、県内で組織的な密輸・密売グループの存在が明らかになっている。

    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/165611

    89787099-9--99999-.jpg

    続きを読む

    【芸能】「今の僕は日本一忙しいニート」島田紳助氏が4時間語り尽くした!


    「島田紳助(61)が、筋トレを重ねてマッチョ化している」

    雪男のごとく方々でささやかれる目撃談。同様のことを親交のある芸能人も証言している。
    真偽を確認すべく、本誌記者は大阪府の紳助氏居宅を訪ねた。用向きを伝えると、氏は苦笑しながらも、「じゃあ、上がってください」と記者を部屋へといざなった。

    “マッチョ化”とまではいえないが、61歳とは思えない、よく引き締まった体躯。2011年の暴力団関係者との交際発覚を機に芸能界を引退し、完全に表舞台から姿を消して6年。
    体調のいい日に1時間程度、自宅でトレーニングしているという。

    「僕は常々、老後に必要なのは『お金と仲間と筋肉』と言うてるんです。この三つがあれば幸せに生きられると思ってます」

    もともとの友人や、引退後に新たにできた友人たちとともに「クソガキみたいに遊んで過ごす毎日」を送る紳助氏。
    いまだ囁かれ続ける芸能界復帰説については、「芸能界でやり残したことはありません」とはっきり否定する。

    「別に、頑なに戻らないと決めているわけじゃないんですよ。今の生活が幸せで、その必要を感じていないだけ。
    (復帰は)さすがに吉本の社長も諦めたんとちゃいますか。(暴力団との交際については)一切会っていませんし、連絡も取っていません。
    今遊んでいる友達は一般人ばかりですし、もしヤクザの影があったら誰も僕に寄り付きませんよ」

    元相方の松本竜介氏、後輩の松本人志、小泉純一郎元首相らとの知られざるエピソードを語ったあと、紳助氏は4時間にわたる直撃インタビューをこう締めくくった。
    人生あと三十年。生きがいなんていらない。日々楽しかったら、それだけでいい――。

    島田紳助氏4時間インタビューの全容は、10月26日(木)発売の「週刊文春」11月2日秋の特大号に掲載される。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13798569/


    0909-0900^0^-0-^0-^0-^

    続きを読む

    【山口県警】「情が湧いてやってしまった」 巡査部長が留置場内で容疑者(暴力団)どうし間のメモ渡す メモには「がんばれ」


    山口県の下関警察署に勤務していた巡査部長が、勾留中の容疑者に頼まれ、留置場内で別の容疑者2人にメモを渡すなどしていたことが捜査関係者への取材でわかりました。容疑者3人はその後、強盗事件の共犯者として逮捕されていて、専門家は「口裏合わせが行われるおそれがあり、重大な問題だ」と指摘しています。

    捜査関係者によりますと、下関警察署の留置管理課に勤務していた50代の巡査部長が、ことし7月から8月にかけて、勾留中の元暴力団員の男に頼まれ少なくとも2回メモを受け取り、同じ留置場に勾留されていた別の元暴力団員ら2人にメモを手渡したり、内容を口頭で伝えたりしたということです。
    容疑者3人は8月下旬に強盗事件の共犯者として再逮捕されていますが、警察はメモの受け渡しがあったことを認めたうえで、「捜査に影響はなかった」としています。
    巡査部長はNHKの取材に対し、「メモには『がんばれ』などと書いてあった。容疑者のことは以前から知っていたので、情が湧いてやってしまった」と話しています。
    巡査部長は現在、別の部署で勤務しています。

    山口県警察本部監察官室は「処分については調査結果を踏まえ適正に判断する」としています。
    警察の捜査に詳しい常磐大学の諸澤英道元学長は「口裏合わせが行われるおそれがあり、公平などを掲げた警察法の基本理念に反する重大な問題だ。防犯カメラを利用したチェック体制を作るなどの対策が必要だ」と指摘しています。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171024/k10011196011000.html


    988070909--000^00^

    続きを読む

    【AV業界】「アングラ化」の実態 摘発相次ぎ“地下”で生き残り図る


    アダルトビデオ(AV)業界が岐路に立たされている。無修正動画の配信や出演強要で制作会社やプロダクションが摘発される事案が相次ぐが、「警察当局の狙いはAV内での本番行為そのものを禁じることにある」(捜査関係者)との指摘も。廃業が相次ぐ一方、女優に売春させるなど「アングラ化」する業者もいるという。(夕刊フジ)

    「いつパクられても不思議ではない。毎日、気が気でないですよ」

    あるAV制作会社の関係者はこう声を潜める。この会社は設立から10年超の老舗。過激な性表現をウリとする無修正動画サイトも運営している。

    「サーバーや会社の拠点は米国や東南アジアに設置し、捜査当局の対策はバッチリのはずでした。ところが今年に入って雲行きが怪しくなってきた」(先の関係者)

    昨年以降、AV業界を標的とした集中取り締まりが進み、今年3月には、警視庁が大手無修正動画サイト「カリビアンコム」を運営するグループ社員の男をわいせつ電磁的記録等送信頒布容疑で逮捕した。

    カリビアンはサーバーを米カリフォルニアに設置することで合法性を主張していたが、当局は配信する無修正作品が日本国内で撮影されていた点に目をつけ、日本の法律を適用した。

    これに危機感を募らせているのが、前出の動画配信サイト関係者だ。

    「一部に海外で撮影・編集されたものもあるが、ほとんどが東京都内のスタジオで制作されたもの。しかも作品の制作から配信まで自前で行っているため、摘発のリスクはより高い」という。

    関係者によると、同サイトの運営をめぐっては国税当局も注視しているという。

    業界への取り締まりを強める捜査当局の狙いは何なのか。警視庁の捜査幹部の1人は「最終的な目標は、本番行為そのものを撮影させなくすること。日活ロマンポルノや初期のソフトなAVぐらいの表現のレベルにまで戻したい」と明かす。2020年東京五輪に向けて“浄化”を図る狙いも透けてみえる。

    こうした動きを受け、昨年以降、摘発や行政処分を受けることを恐れてAV業界から手を引く関係者も後を絶たない。その一方で“地下”に潜ることで生き残りを図る業者も出始めている。

    「AVだけで稼げなくなった一部の業者は、交際クラブや風俗店と提携して女優に売春させるなどの違法行為に手を染めるようになってきた。会社としての表立った活動を止めて暴力団などの反社会的勢力との関係を深めていく者もいる」と関係者は明かす。闇は深くなるのか。

    http://www.sankei.com/affairs/news/171017/afr1710170011-n1.html


    9089--0^0^09^0999

    続きを読む


    ブログパーツ

    アクセスランキング

    最新記事

    カテゴリメニュー

    • 暴力団ニュース(1285)
    • 気になったニュース(152)
    • 2ch 暴力団ニュース(368)
    • 2ch 気になったニュース(431)
    • 2ch ヤクザ(270)
    • 2ch アウトロー(127)
    • 暴力団組織図(39)
    • 伝説の極道(22)
    • 実録ヤクザ映画(11)
    • ヤクザ辞典wiki(31)
    • 今日のニュース(356)
    • SECRET TALK(95)
    • 未分類(0)

    ライブ中継

    検索フォーム

    サイトマップ

    全タイトルを表示

    月別アーカイブ

    カレンダー

    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    プロフィール

    \

    ミュー

    Author:ミュー
    当ブログは管理人がwebを巡回して収集した情報で構成されています。著作権等の問題がありましたら該当記事よりコメントをお願いします。確認の上、迅速に対処いたします。


    当サイトはリンクフリーです。
    相互リンク・相互RSSは随時募集しています。


    記事等の転載はご自由に行ってください。


    当ブログで掲載してる画像はyahoo画像検索から収集したモノです。


    Wikipedia から転載した内容の著作権は Wikipedia のライセンスに従います。

    フリーエリア

    • SEOブログパーツ
    フィードメーター

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    いいね !

    出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

    QR

    QR
    track feed 実録ヤクザ黙示録 | 暴力団ニュース